自然科学研究機構

アストロバイオロジーセンター

2019年6月26日

アルマ望遠鏡、惑星誕生の現場をピンポイントで特定

概要

国立天文台特任助教の塚越崇らが主導する、東京工学院大学、東京大学、東京工業大学、アストロバイオロジーセンターなどの研究チームは、ALMA望遠鏡を用い、原始惑星系円盤内にこれまで見つかっていなかった、小さな電波源が一つだけ発見されました。

研究チームはこの電波源が(1)すでに形成されつつある海王星サイズの惑星を取り巻く「周惑星系円盤」、(2)円盤内で生まれたガスの渦に溜まった塵で今後惑星になりうる構造、のいずれかだと考えています。どちらの場合も、円盤内で惑星が成長していく重要な現場を見ていることになり、惑星形成の過程を理解する重要な観測成果です。


アルマ望遠鏡で観測した「うみへび座TW星」を取り巻く原始惑星系円盤。(Credit: 国立天文台)

本研究成果は、米国の天体物理学誌である「アストロフィジカル・ジャーナル・レターズ」に受理されました。

詳細はこちら(ALMA望遠鏡HP)

論文情報

掲載誌: Astrophysical Journal Letters
タイトル: "Discovery of An au-scale Excess in Millimeter Emission from the Protoplanetary Disk around TW Hya"
著者: Tsukagoshi et al.,



AstroBiology Center, NINS.
〒181-8588
東京都三鷹市大沢 2-21-1, 国立天文台内
Tel: (0422) 34-3600 (国立天文台 代表)