自然科学研究機構

アストロバイオロジーセンター

2017年2月21日

灼熱の海王星型惑星 K2-105b を発見
 〜第2の地球探しへの足がかり〜

概要

東京大学助教の成田憲保らの参加するアストロバイオロジーセンター、国立天文台などの国際研究チームは、NASAが打ち上げたケプラー衛星の観測データと、国立天文台ハワイ観測所のすばる望遠鏡および岡山天体物理観測所の188cm望遠鏡による地上連携観測から、およそ700光年先にある太陽のような恒星のまわりに、公転周期がたった8.3日ほどしかない灼熱の海王星型惑星(ホットネプチューン)の存在を発見しました。そして、この惑星は「K2-105b」と名付けられました。ホットネプチューンはこれまでもケプラー衛星によって数多く発見されてきましたが、K2-105bはその中でも主星が比較的明るいため、今後惑星の詳しい性質を調べていくことが可能です。また、新しい惑星を発見した今回の研究手法は、2018年3月に打ち上げられる予定のトランジット惑星探索衛星TESSと地上望遠鏡との連携観測の予行演習とも言うべきものであり、来るTESSの時代に、日本の望遠鏡と観測装置で第2の地球とも呼べる惑星の発見も可能なことを示しています。

詳細については、東京大学のホームページをごらんください。
  灼熱の海王星型惑星 K2-105b を発見 〜第2の地球探しへの足がかり〜

発表雑誌: Publication of Astronomical Society of Japan
タイトル: The K2-ESPRINT Project VI: K2-105 b, a Hot-Neptune around a Metal-rich G-dwarf



AstroBiology Center, NINS.
〒181-8588
東京都三鷹市大沢 2-21-1, 国立天文台内
Tel: (0422) 34-3600 (国立天文台 代表)