自然科学研究機構

アストロバイオロジーセンター


アストロバイオロジーセンターとは:

近年の太陽系外惑星観測の進展を契機に、「宇宙における生命」を科学的に探査し、
その謎を解き明かすアストロバイオロジーの研究が喫緊の課題となっています。
自然科学研究機構のアストロバイオロジーセンターは、異分野融合によりこの分野を発展させ、
太陽系外の惑星探査、太陽系内外の生命探査、それらの探査のための装置開発を推進しています。

アストロバイオロジーセンター長 開所式挨拶

系外惑星探査
プロジェクト室


すばる望遠鏡やTMT、宇宙望遠鏡によるハビタブル惑星探査

すばる望遠鏡の地球型系外惑星探査装置(IRD)

系外生命探査
プロジェクト室


ハビタブル惑星における大気の分析とバイオマーカーの確認

酸素発生型光合成の例(マリモ)

アストロバイオロジー装置開発室


TMTや将来の宇宙望遠鏡による地球型系外惑星及びバイオマーカー探査に特化した装置の開発研究

シミュレーションで描き出した、10パーセクの距離から見た私たちの太陽系 (Turnbell et al. 2012)


アストロバイオロジーセンター組織図

ABC組織図

AstroBiology Center, NINS.
〒181-8588
東京都三鷹市大沢 2-21-1, 国立天文台内
Tel: (0422) 34-3600 (国立天文台 代表)